PCRについて|さいたま市北区宮原の歯医者|みずき歯科クリニック

新型コロナウィルス対策と患者様へのお願い

託児サービスを再開致しました

埼玉県歯科医師会所属

バリアフリー構造

キッズコーナー

小児歯科にこだわり

お問い合わせ・ご相談

予約制託児をご利用の際も事前にご予約ください

048-665-1180

埼玉県さいたま市北区宮原町3-319(土曜日診療)

PCRについて

投稿日:2020年7月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!歯科衛生士の鈴木です。
今回はPCRについてのお話です。

PCRというと皆さん、新型コロナウイルスの検査のことを思い浮かべるかと思いますが
歯科衛生士の私が一番に思い浮かべる事は、プラークコントロールレコード(PCR)です。

それは何かといいますと、歯に付着した歯垢(プラーク)やバイオフィルムの有無を判定する指標になります。
歯面の何%に歯垢等が付着しているか示すものです。


[歯垢(プラーク)とは]
細菌の塊で、歯に付着したネバネバした白色、黄白色した汚れです
*歯ブラシで落とせます


[歯石とは]
歯垢(プラーク)が石灰化したものです。
歯石は軽石のように無数の穴があり、そこに虫歯菌や歯周病菌が住み着きます。
*歯ブラシで落とせません


[バイオフィルムとは]
細菌の膜の層です。
*歯ブラシで落とせません



当医院ではクリーニングする前に 染め出しと言って青い液、もしくは赤い液を歯面に塗布させて頂いてます。
塗布するとプラーク、歯石等が染め出されます。
その染め出された箇所(歯面4分割)をチェックし、PCRの数値を出します。


☆PCR 100%とは全部の歯面が染め出されている状態です。
☆PCR 20%以下にすると、虫歯、歯周病のリスクを下げる事が出来ます

染め出される箇所はほとんどが歯と歯の間、歯ぐきに接してます。

・歯と歯の間は虫歯になりやすい

・歯ぐきに接してる汚れは、歯ぐきに炎症起こさせ、歯周病の原因となります。

染め出される個所は、口腔内で問題が起こりやすい個所なのです!
ですから、PCRの数値を低くするということは口腔内の健康に繋がります。

PCR数値を20%以下にする、すなわち日々のブラッシングでなるべく歯垢を取り除く。
それが口腔内の健康維持、予防になるというわけです!!!

当医院ドクター、衛生士は
患者さまのPCR数値20%以下にすることのお手伝いが出来ればと考えていおります。

当医院にクリーニングにいらっしゃる患者様
今ご宅でお使いの歯ブラシや歯間ブラシをお持ち頂ければ、時間の許す限り歯ブラシチェックさせて頂きます。

PCR20%以下目指して、歯ブラシ頑張りましょう!!!

新型コロナウイルスにも負けないよう、頑張りましょう!!!!

トップへ戻る