矯正歯科|さいたま市北区宮原の歯医者|みずき歯科クリニック

埼玉県歯科医師会所属

バリアフリー構造

キッズコーナー

小児歯科にこだわり

お問い合わせ・ご相談

予約制託児をご利用の際も事前にご予約ください

048-665-1180

埼玉県さいたま市北区宮原町3-319(土曜日診療)

矯正歯科

歯科矯正の無料相談を受付中(セカンドオピニオンにも対応)

矯正歯科・マウスピース矯正

みずき歯科クリニックでは矯正を専門とする医師により適切な矯正治療を行っております。また矯正治療に関する無料相談も行っておりますので、ぜひご活用下さい。

日本矯正歯科学会から認定を受けた医師が担当

当院では日本矯正歯科学会より認定を受けた医師が矯正治療を担当致します。日本における歯科医師は約10万人ほどで、矯正ができるのはその中の約2万人、そして同学会より認定を受けた医師は約3000人ほどです。認定医師は矯正治療のプロフェッショナルであり、患者様一人ひとりに合わせた治療法を提案できる優れたものになります。当院ではその限られた認定医師により、矯正治療を行わせて頂きます。

部分矯正治療例▲部分矯正治療例

一般矯正治療例▲一般矯正治療例

最短で3ヶ月!気になっている歯のみを矯正

気になっている歯のみ

歯並び全体ではなく、機になる部分だけを矯正したいという方へは、部分矯正をご提案させて頂いております。歯並びの状態によっては数本の歯の矯正のみでも理想的な歯並びにすることも可能になります。また部分矯正は短期間で治療を終えられるメリットもあり、その分治療費も安く済みます。こちらについても無料相談を行っておりますので、ご興味がおありの際にはぜひご相談頂ければと思います。

部分矯正の費用は15~30万円

部分矯正の費用

矯正にかかる費用は移動させる本数や治療期間などに比例するため、部分矯正は比較的安く済ませることができます。全ての歯を矯正すると大変高額になりますが、みずき歯科クリニックでは15~30万円で部分矯正を行わせて頂いております。対応の可否については歯並びにもよりますので、無料相談にてご案内をさせて頂きます。

3~6ヶ月で理想的な歯並びに!?

理想的な歯並び

部分矯正では限られた範囲の歯を移動させるだけですので、治療期間は全体の矯正よりも短期間で済みます。全体の矯正は数年間を見て頂く必要がありますが、部分矯正は数ヶ月で完了させることも可能です。近い時期に結婚式や面接などを控えている方にもおすすめとなっています。

クリアブラケット矯正で目立たないように

クリアブラケット矯正通常矯正で使う器具はワイヤーとブラケットを使用しますが、当院では透明な素材を採用しており、見た目で矯正治療中であることがわかりにくい状態にすることが可能です。シルバーの治療器具ではどうしても治療中であることがわかってしまいますが、透明な素材であれば歯を透過して周りと同じ色に見えるため、目立ちにくくなります。

矯正では抜歯を行わない非抜歯矯正をおすすめ

歯並び

大きく矯正をする際には抜歯をしていく方法もありますが、当院では抜歯をしない非抜歯矯正をおすすめしております。抜歯をしての矯正では噛み合わせに不具合を感じることもあり、このようなことを避けるため歯を抜かない矯正がおすすめです。特に小臼歯は噛む力が反映されやすい歯でありながら、矯正で抜歯されることの多い歯になります。こちらを抜いてしまうと咬み合わせが悪くなったり、強く噛むことが難しくなったりもします。当院で行っております歯を抜かない矯正方法を2点ご紹介します。

遠心移動によりスペースを確保

歯の遠心移動歯の表面にあるエナメル質を少量削り、その分のスペースを確保していく方法です。エナメル質は約1~2mm程度あり、この内の歯の健康に影響がない0.2mm程度を削ってスペースを造ります。全エナメル質の3分の1程ですので、削る際の痛みは感じられません。

エナメル質を削っても虫歯にならない?大丈夫?

スペース作成この矯正方法で削るエナメル質の厚みはわずかですので、歯の健康や寿命への影響を心配する必要はございません。実際に臨床報告は一切されておりませんので、とても安全な方法と言えるでしょう。もちろん削らないことが一番なのですが、スペースの確保において有効な手段ですし、歯並びが悪い状態ではより高い虫歯リスクを持つこととなりますので、こちらの方法はおすすめの矯正法となっています。

IPR・ディスキングによる矯正治療法の5つのメリット

  • ① 矯正治療後に再度歯並びが乱れてしまう「後戻り」が起こりにくい。
  • ② 抜歯を伴う矯正治療と比べて、短期間で治療が可能。
  • ③ 歯間に虫歯がある場合、こちらも取り除ける。
  • ④ 歯間の隙間であるブラックトライアングルが目立たなくなる。
  • ⑤ 大きくスペースを確保する必要がないのであれば、抜歯矯正を回避できる。

矯正治療で治せる歯並びは?

治せる歯並び

歯並びに問題がある状態を歯列不正と呼び、この状態は矯正が必要と考えられます。この歯列不正には次のような種類がありますので、ご紹介をいたします。

出っ歯

出っ歯

こちらは日本人に最もポピュラーな歯列不正になります。歯だけでなく顔や印象にも影響を及ぼす可能性が高いものとなっています。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯の噛み合わせを行った際、前歯が浮いて隙間ができる状態です。口が常に開いた状態となる可能性があります。

反対咬合

反対咬合

上の歯よりも下の歯が前に出ている状態で、あごが出ているような形になります。こちらはそのままにしておくと上の歯が削られていく可能性があります。

叢生(そうせい)

叢生

様々な方向に歯が生えている状態です。この状態では上手に噛むことが難しく、虫歯になりやすい歯並びと言えます。

空隙歯列(くうげき)

空隙歯列

いわゆるすきっ歯になります。歯間の隙間が目立ち、口を開けた際に機になる部分となります。また発音が難しくなることもあります。

過蓋咬合(かがい)

過蓋咬合

深い噛み合わせとなってしまい、歯がすり減ってしまう可能性のある状態になります。

さいたま市北区宮原で矯正歯科をご検討の際はぜひ当院へ

矯正歯科をご検討

さいたま市北区宮原にて矯正歯科治療をご検討の際には、当院へご相談下さい。当院では無料相談を実施しておりますので、治療費や治療期間など様々な点をご相談頂くことができます。またお子様への小児矯正にも対応させて頂いております。矯正治療は毎月ご来院して頂く必要がありますが、宮原駅近くに当院はございますので、通院にも便利と思います。

トップへ戻る