親知らずの抜歯|さいたま市北区宮原の歯医者|みずき歯科クリニック

埼玉県歯科医師会所属

バリアフリー構造

キッズコーナー

小児歯科にこだわり

お問い合わせ・ご相談

予約制託児をご利用の際も事前にご予約ください

048-665-1180

埼玉県さいたま市北区宮原町3-319(土曜日診療)

親知らずの抜歯

親知らずは抜かない方が良い!?

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは抜いた方がよいのではないかと思っている方も多いと思いますが、当院では親知らずであっても正常に生えてくるのであれば抜かない方が良いと考えています。腫れや痛みを感じることがありますが、親知らず全てが抜かなければならないわけではなく、残せるのであれば残しておくべきと思います。その理由について当院の考え方を詳しくご説明致します。

なぜ親知らずを残す?(再生利用)

親知らずを残す

みずき歯科クリニックでは、親知らずを残しておくことにより必要な時に他の部分へ移植し再利用をすることができると考えております。他の歯を抜かなければならなくなった際に、人工物で補修を行うのは簡単ですが、自身の歯よりも優れた人工歯をつけるのは難しいものです。そのような際に親知らずを対象部分へ移植、もしくは手前に移動矯正をさせることで、噛み合わせを復活させる治療を行います。通常であればインプラントやブリッジ、入れ歯などを検討すべき状況でも、親知らずを残しておけば新しい選択肢として親知らずの再利用を考えることができ、自身の歯にて治療を完了させることができるのです。親知らずは自分自身の歯なので、人工物よりも親和性が高く、素材としてはこの上ないものとも言えます。

親知らずの移植を行う際の条件は?

親知らずを移植するにはいくつかの条件があり、全ての親知らずを移植できるとは限りません。例えば根の形やサイズ、そして移植部位、こちらが合わないと適切な移植ができず、噛み合わせを復活させることが難しくなります。親知らずについてはまず診察を受けて頂き、状況により判断をすべきこととなります。※当院では親知らずの移植治療は行っておりません。

親知らずの抜歯をおすすめするのは?

親知らずは抜くべき

歯茎から露出し、今後の成長が見込めない場合

垂直に生えているのであれば問題ありませんが、横や斜めに生えてしまっている場合に多い例として、親知らずが完全に露出しないまま成長が止まってしまうことがあります。このような状態ですと、歯磨きを行うのが困難となり、周辺組織を傷つけてしまうおそれもあるため、早めに抜歯をした方が良いと判断できます。

手前の歯を強く押し、歯並びや噛み合わせに影響を与える場合

この状態も横や斜めに生えている場合に多くあります。手前の歯へ影響を与えている場合、歯並びや噛み合わせが悪くなる可能性が考えられ、その過程で痛みを感じることも多くなります。そのため抜歯を検討する必要があるでしょう。

周辺に嚢胞がある場合

レントゲンを用いた検査でわかることが多いのですが、親知らずの周辺に膿の塊である嚢胞がある場合も抜歯をすることをおすすめします。

親知らずによって噛み合わせが悪くなってしまう場合

噛み合わせが悪い親知らずは、そのままにしておくと歯茎や頬を傷つけてしまう可能性が考えられます。また顎の関節への影響も心配されますので、このような場合も抜歯を検討することをおすすめします。

親知らずが虫歯となっている場合

軽度の虫歯であれば治療を行えばよいのですが、重度の虫歯となった際には根幹治療が難しい部分となりますので、抜歯も選択肢に入れて良いものと思います。

抜いた際の痛みと、抜いた後の痛み

親知らずの抜歯の痛み

親知らずを抜くのはとても痛いとお考えの方が多いと思いますが、抜歯の際には麻酔を使いますので、強い痛みを感じることはありません。麻酔注射についても表面麻酔で注射自体の痛みも軽減されます。強い痛みは抜いた後、麻酔が切れた際に感じることとなりますが、当院ではその際の痛みを軽減する治療を行っておりますので、ご安心下さい。

歯を抜く際にかかる時間と痛みの関係

時間と痛みの関係性歯を抜くのにかかる時間と痛みは比例するものとなっています。特に親知らずの抜歯は簡単に行うことができない場合が多く、他の歯と比べると時間がかかってしまうものです。当院では抜歯を行う際に経験豊富な歯科医師により、治療前にCTやレントゲンを使用してシミュレーションを行って対応しています。可能な限り時間のかからない抜歯を行い、痛みの軽減に努めています。

ドライソケットによる痛み

ドライソケット抜歯後は歯があった部分の穴に血が溜まりカサブタのようになります。これにより骨の露出を防ぐのですが、希にそのカサブタが剥がれてしまい、大変強い痛みを起こすことがあります。これをドライソケットと言います。

うがいをしたり患部を触ってしまうと起こりやすくなりますので、抜歯後は安静に歯科医院からの案内を守るようにしてください。

親知らずの抜歯で小顔に?

小顔効果

親知らずを抜くと小顔になれるという話をされる方も多いのですが、見た目にわかるほどの効果は得られないと考えられます。確かに奥の歯がなくなることにより若干の小顔効果はあるかもしれません。下親知らずはエラの部分にあるため、これを抜くことによりその部分の骨が吸収され、エラが小さく薄くなるとも考えられます。ですが、見た目にわかる程度の変化は期待できないとも考えられますので、小顔になれると考えての抜歯はあまりおすすめできません。

さいたま市北区宮原の歯科医院で親知らずの診断をご希望の方へ

親知らずの診断

当院では親知らずの将来的な再利用についても考え、抜くべきかの判断を行っております。適切な診断を心がけ様々な提案をさせて頂きます。また、抜歯をする際にも痛みを最小限にする治療を優先しご案内をさせて頂きますので、さいたま市北区宮原で親知らずの診察をご希望の方は、ぜひ当院みずき歯科クリニックまでお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る