顎関節症について|さいたま市北区宮原の歯医者|みずき歯科クリニック

新型コロナウィルス対策と患者様へのお願い

埼玉県歯科医師会所属

バリアフリー構造

キッズコーナー

小児歯科にこだわり

お問い合わせ・ご相談

予約制託児をご利用の際も事前にご予約ください

048-665-1180

埼玉県さいたま市北区宮原町3-319(土曜日診療)

顎関節症について

投稿日:2021年9月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の小島です。
今回は顎関節症についてお話ししていこうと思います。
みなさんは、顎がカクカク鳴ることはありませんか?
関節がカクカク鳴るという症状は、関節の軟骨の動きが悪くなったことによって起こります。
これは顎だけでなく全ての関節に言える事です。
軟骨の動きが悪くなる原因の多くは、関節に負担がかかり過ぎている事です。
では、軟骨がスムーズに動くようになるにはどうすれば良いか…
1番は顎にかかる力を減らして安静にすることです。
顎で言うならば、大きな負担は、歯ぎしり、くいしばりが挙げられます。
これは、
舌の外側や頬の内側に歯の跡がついている、朝起きてから肩こり、頭痛がする、内側の歯茎に固いボコっとしたものがある
こういったことがあると歯ぎしりをしている可能性があります。
歯科では、歯ぎしり、くいしばりから歯や顎を守るためにナイトガード(マウスピース)を作ることができます。
少しでも気になった方は ぜひ、ご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る