歯科用CTについて|さいたま市北区宮原の歯医者|みずき歯科クリニック

新型コロナウィルス対策と患者様へのお願い

埼玉県歯科医師会所属

バリアフリー構造

キッズコーナー

小児歯科にこだわり

診療方針と治療の流れ

予約制託児をご利用の際も事前にご予約ください

048-665-1180

埼玉県さいたま市北区宮原町3-319(土曜日診療)

歯科用CTについて

投稿日:2022年1月19日

カテゴリ:スタッフブログ

あけましておめでとうございます、院長の加藤です。当院では10月から歯科用CTと矯正用セファロというレントゲンを導入しました。今回は歯科CT撮影についてお話したいと思います。

これは、主にインプラントや根管治療、親知らずの抜歯、矯正治療、歯周病の治療をする際に使用します。

これを撮影することで、顎や歯の状態、骨の厚さや密度までわかります。

たとえば、親知らずを抜歯する際に気を付けないといけないことは、抜歯する際に大きな神経や血管を傷つけてしまわないか?

また、根管治療を行うとき、CT撮影することで根管の数、根尖の病巣、破折していないかどうか?根尖まで神経が存在するか?を3次元的に確認することができます。

インプラントを埋入する際も、抜歯同様に神経はどこにあるのか血管の位置は大丈夫か

確認することで医療事故を未然に防ぐことが可能になります。

歯科用CTは、医科用CTの被ばく量の1/8~1/50と少なく安全です。

より精密なデーターを得ることで安全かつ安心できる治療をしたいと考えています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る